テーブルクロスのお手入れについて

ガルニエ・ティエボーのジャカード織はダマスク織でコットンの中では最高のランク(最もフォーマル)のものです。お手入れを丁寧に行い長く使いたいものです。

◆ 【コットン】テーブルクロスのお手入れ


  • ご使用前に一度単独で洗濯することをおすすめします。予め洗濯していないクロスには汚れが染み込みやすいからです。
  • 洗濯機でネットに入れて40℃以下の水温で行います。洗濯洗剤は、蛍光剤の入っていないものをおすすめします。蛍光増白剤や塩素を含む洗剤は色を劣化させてしまうことがあります。
  • タンブル乾燥可 条件低温。塩素系漂白禁止。
  • アイロンは高温(200度以下)。
  • ドライクリーニング(石油系・フッ素系溶剤)は不可
  • しみがついたらなるべく早く、石けんでつまみ洗いします。ワインなどは水で洗い落とした後、石けんでつまみ洗いします。しみを取った後にお洗濯します。
  • しまうときは裏表にたたんでおくと、汚れや色あせ防止になります。

◆ 【撥水グリーンスイート】テーブルクロスのお手入れ


  • 汚れたらすぐに、固形成分を取り除き、湿らせた布巾やスポンジで軽く液体や水を吸収してください。スポンジはやわらかいものをご使用ください。
  • お洗濯の方法は通常のコットンと同様です。洗濯機でネットに入れて40℃以下の水温で行います。洗濯洗剤は、蛍光剤の入っていないものをおすすめします。蛍光増白剤や塩素を含む洗剤は色を劣化させてしまうことがあります。
  • 柔軟剤使用不可。ブラシやスポンジの硬い面での擦り洗いも不可
  • タンブル乾燥可 条件低温。塩素系漂白禁止。
  • アイロンは高温(200度以下)。グリーンスイートには『しわ防止』機能があるので、アイロン掛けは簡単になります。アイロン掛けでグリーンスイートの効果がより発揮されます。
  • ドライクリーニング(石油系・フッ素系溶剤)は不可
  • しみになる前にワインなどは素早くふき取ります。ふき取り忘れがあり、しみがついたらなるべく早く、石けんでつまみ洗いします。ワインのしみは水で洗い落とした後、石けんでつまみ洗いします。しみを取った後にお洗濯します。
  • しまうときは裏表にたたんでおくと、汚れや色あせ防止になります。

◆ 【撥水コート】テーブルクロスのお手入れ

ガルニエ・ティエボーの【撥水コート】には、撥水アクリルコートが施してあります。通常は、汚れをふき取るだけでお洗濯はできません


  • 汚れたらすぐに湿らせた布巾やスポンジでふき取ります。スポンジはやわらかいものをご使用ください。
  • 強い汚れの場合は、お湯でふき取ります。洗剤は使用しないでください。
  • アイロンは高温(200度以下)で裏面からかけます。端の折り返し部分にアイロンが当たらないよう気をつけます。
  • 洗濯は不可。塩素系漂白禁止。タンブル乾燥不可。ドライクリーニング不可。
  • クロスがひどく汚れて洗濯が必要な場合は、30℃以下の水温で洗剤は少量で弱水流で短時間で行います。手洗いで手早く洗濯することををおすすめいたします。布地を傷めますので長く水につけないでください。柔軟剤使用不可、脱水不可。

◆ タオル(バスリネン)のお手入れ


  • ご使用前に一度単独で洗濯することをおすすめします。予め洗濯していないクロスには汚れが染み込みやすいからです。
  • 洗濯機で60℃以下の水温で行います。洗濯洗剤は、蛍光剤の入っていないものをおすすめします。蛍光増白剤や塩素を含む洗剤は色を劣化させてしまうことがあります。吸収性を維持するために、柔軟剤の使用はお勧めしません。
  • タンブル乾燥可 条件低温。塩素系漂白禁止。
  • アイロンは高温(200度以下)。
  • ドライクリーニング(石油系・フッ素系溶剤)は不可